バルトレックス通販があれば、辛いヘルペスも気にならない!

ヘルペスに悩む男性ヘルペス治療の第一選択薬として処方されているバルトレックス

ヘルペスの症状を軽減させる効果があるのはもちろんのこと再発防止の効果もあるため、ヘルペスで悩まれている方はバルトレックスは常備しておきたい薬の一つでしょう。

 

バルトレックスは処方箋薬のため、通常であれば医師の診察を受けなければ手に入れることはできません。

しかし、現在では個人輸入代行という通販と同様の手順で購入できるようになっていますので、非常に手軽に手に入れることが可能です。

 

身近な性病ヘルペスにはバルトレックスを

薬のイメージバルトレックスはヘルペスの治療に効果があり、バラシクロビルが有効成分の第二世代の抗ウイルス薬になります。

2000年に発売が開始されて以来、ヘルペス治療薬として最も処方されています

現在日本で処方されているバルトレックスには錠剤と顆粒タイプがありますが、錠剤のバルトレックスが一般的です。

 

主に口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹、水疱瘡などのウイルス感染時に効果を発揮します。

日本性感染症学会でも推奨度はAランクに位置づけられており、国内の病院で最も処方されているお薬です。そのため、今までヘルペスを発症したことがある方であれば服用された経験もあるでしょう。

他のヘルペス治療薬もありますが、バルトレックスは効果が高いため、少ない服用回数で治療ができます

例えば、ヘルペス治療薬のファムビルであれば1日3回、ゾビラックスに至っては1日5回服用する必要がありますが、バルトレックスの場合は1日2回の服用で症状が和らぎます。

 

性感染症の一つであるヘルペスはヘルペスウイルスが原因であり、性行為によって性器周辺に複数の水ぶくれができるものを性器ヘルペス、ウイルス感染者との直接的あるは間接的な接触によって感染する口唇ヘルペスがあります。

ヘルペスウイルス自体はもともと人間の体の中に存在していますが、いずれにしてもヘルペスウイルスが潜伏している限りは繰り返し再発する可能性があります

特に、ストレスや疲労による免疫力低下や月経などのタイミングで再発しやすい特徴があります。

 

ヘルペスの発症はウイルスの増殖によるものですが、バルトレックスにはウイルス増殖の原因となる酵素の働きを抑制する作用があります。

バルトレックスを服用すればウイルス増殖を根本から抑制できますので、症状の発症を防止します。

ただし、バルトレックスはあくまでウイルスの増殖を抑制するものです。そのため、ヘルペスを完治できるというわけではありません

 

病院でバルトレックスを処方してもらう場合

病院での処方イメージヘルペスを発症した際、発症部位によって受診する診療科が変わります。

口唇ヘルペス、水疱瘡、帯状疱疹の場合には皮膚科、性器ヘルペスであれば皮膚科、泌尿器科、性病科、産婦人科(女性のみ)となります。

 

病院で処方されるバルトレックスは1錠あたりの薬価が約375円で、治療には健康保険が適用されますので3割(人によって違います)負担で済みます。ただし、その費用に検査料金や診察料などが加算されますので、保険診療でも3,000~4,000円ほど必要となります

また、ヘルペスを発症したことを誰にも知られたくない、保険証を使いたくないという場合には、自由診療で治療を受けることが可能です。

しかし、その場合には治療にかかる費用は全額自己負担となりますので、治療の総額は10,000円以上することも

 

性病の治療を専門としているクリニックも存在していますが、完全匿名で受診できるものの保険が適用されません。

保険診療で治療費用を安く抑えるか、匿名で高額な治療費を支払うか、どちらを選択するのも自由ですが、ヘルペスは再発することも考慮して治療を受けるようにしましょう。

 

通販でバルトレックスを購入する場合

通販を利用して購入する男性通常、薬事法によって医薬品は処方箋がなければ手に入れることはできません。そのため、一般的な通販サイトでは取扱がありません。

ただし、海外医薬品の輸入は国で認められているので、通販と同様の手順でバルトレックスを購入できます。

 

通販で販売されているバルトレックスも、国内で処方されているバルトレックスと同じ有効成分が配合されているため、同等の効果が得られます。

ただし、病院のように1錠単位で手に入れることはできないため、箱買いが基本となります。

バルトレックスの場合にはバルトレックス500mg42錠~、バルトレックス1000mg21錠~の販売となりますので、出費は多くなります。

金額に関してですが、バルトレックス42錠の場合には1箱6,650円です。1錠あたり158円となります。通販サイトによって送料が発生しますが、送料は1,000円前後で購入金額によっては送料が無料になりますので、薬代だけで購入することも可能です。

 

通販で購入する場合には荷物を受け取るために個人情報の入力が必要となりますが、身近な人に知られることなく注文できますし、受け取りも職場や郵便局を指定できるので非常に便利です。

ただし、通販ですから届くまで時間がかかってしまいます。ヘルペスを発症してから注文しても間に合いませんので、早めに頼んでおかなければなりません。

 

通販でバルトレックスを購入するメリット

バルトレックスは病院でも通販でも手に入れることが可能です。

どちらも有効成分のバラシクロビルが配合されているので効果は変わりません。ただし、通販でバルトレックスを購入するほうがメリットはあります。

 

再発用としてストックできる

予めストックしておいた医薬品ヘルペスは非常に再発率が高い感染症です。再発防止を心がけていても疲労やストレスによって再発してしまうケースも多いです。また、ヘルペスの治療を早めるためには初期症状が出た段階でバルトレックスを飲むことが大切です。

しかし、病院では治療で必要な分しか処方してもらえませんので、再発用として多めにバルトレックスをもらうことはできません。

通販で前もってバルトレックス購入しておけば、再発しそうなときにすぐ服用できます。早期に服用しておけば症状が悪化することはないでしょう。

 

有効成分が多いバルトレックスもある

日本国内で承認されているバルトレックスは有効成分の含有量が500mgです。

しかし、通販であれば有効成分の含有量が1000mgのバルトレックスも取り扱っています

ただし、1回の服用量は500mgまでなので、1000mgのバルトレックスを購入した場合でも分割服用する必要があります

その場合には1000mgのバルトレックスを購入するメリットはないように感じますが、1000mgのバルトレックスの方を選ぶほうがコスパは上がります。

ある通販サイトでは、バルトレックス500mg1錠あたり128円、バルトレックス1000mg1錠あたり271円で販売されています。

 

時間と手間がかからない

通販であれば、いつでも自分の好きなタイミングでバルトレックスを注文できます。ネット環境が整っていれば場所も問いません。

通販では処方箋が必要ないので、わざわざ病院まで出向く必要もありませんし、診察や会計まで待ったりする必要もありません。

すぐに薬が受け取れないというデメリットはあるものの、薬を手に入れるまでの手間はほとんどかかりませんので、病院へ行く時間が確保できない、病院が遠いという場合にはとても便利です。

 

通販で購入したバルトレックスの正しい飲み方

薬を飲む様子バルトレックスは症状によって用法用量が異なりますが、いずれにしてもヘルペスウイルスの治療は早期の服用が重要となります。

症状発症から時間が経過している場合でも当然効果は感じられますが、早期の服用でより効果が感じられます。

 

性器ヘルペスや口唇ヘルペスの治療でバルトレックスを使用する場合、「1回500mgを1日2回服用」してください。

服用するタイミングは、食前・食後などとくに指定はありませんが、なるべく薬の血中濃度が一定になるように12時間間隔での服用が望ましいでしょう。

ただし、薬を飲んで胃痛がする、もともと胃腸が弱いという方は空腹時の服用は避けましょう。

 

服用期間は、ヘルペスなどの単純疱疹の場合は5日間です。

服用中は徐々に症状が軽減してきますので途中で服用を中断される方もいますが、必ず5日間服用してください。

また、初めてヘルペスに感染した場合は重症化しやすいため、初回に限り服用期間は最大10日間まで延長できます。

 

万が一服用を忘れた場合、気づいたときにすぐに服用しましょう。

ただし、次の服用時間が近い場合には服用せずに、本来服用する予定のバルトレックスだけ服用しましょう。

間違っても2回分まとめて服用しないでください。

 

性器ヘルペスは通販のバルトレックスが有効

薬のイメージヘルペスにもいくつか種類がありますが、その中でも単純Ⅱ型ヘルペスウイルスは厄介です。

このウイルスは性器へ感染し、性器ヘルペスになりますが、特に再発しやすい傾向があります。

また、性器ヘルペスは感染しても無症状な場合がありますので、感染していることに気づかずパートナーに感染させてしまう恐れがあります。

 

頻繁に性器ヘルペスを再発しているという場合、バルトレックスを継続服用して再発抑制する必要があります。

服用するタイミングは性器や肛門周辺に違和感が現れた時です。感覚は人によっても違いますが、一般的にはピリピリとした感覚と言われています。こうした症状が現れた場合にはすぐにバルトレックスを服用しましょう。

また、再発防止でバルトレックスを使用する場合には、1日1回500mgを服用してください。

1日1回500mgで改善されない場合には、1日1回1000mg、1日2回250mgに変更します。

服用期間は個人差がありますが、8週間~1年間となります。

継続期間は自分で判断できないため、病院で相談するようにしましょう。

 

また、再発防止のためにはバルトレックスの服用とともに、性行為時には必ずコンドームを付けるようにしましょう。

 

性器ヘルペスの再発を防止するためには、早期の服用と継続が重要です。

病院では必要な量しか処方してくれませんし、毎回病院へ行くのも煩わしいです。

通販を活用すればストレスなく安価にバルトレックスを手に入れることができるので、再発を予防したい方は予備用に通販を利用してみてはいかがでしょうか。

 

バルトレックスを通販で購入するときのポイント

バルトレックスは個人輸入代行という通販同様のサービスを利用すれば、病院へ行かなくても自分で購入することができます。

非常に便利なサービスですが、利用する際にはポイントがあります。

・届くまで約2週間かかる

一般的な通販は注文後早くて2日ほどで届きます。

しかし、個人輸入の場合には海外から商品を発送するため、時間がかかってしまいます。

利用する通販サイト、発送国によっても届くまでの期間は異なりますが、約2週間ほどかかりますので気をつけましょう。

 

悪質なサイトもあるので注意

バルトレックスなどの海外医薬品を取り扱っている通販サイトの中には悪質な業者もいます。

こうした業者を利用してしまうと、個人情報漏洩、偽物が届く、入金後商品が届かない…などのトラブルが生じる可能性が出てきます。

個人輸入は自己責任での利用が基本となりますので、何かあっても助けを求めることはできません。そのため、注文する通販サイトは信頼できるサイトを見つけましょう。

 

個人輸入にもルールがある

個人輸入は国で認められているものですが、利用上のルールがあります。例えば、購入者本人以外の使用目的での購入NGというルール

これは、家族や恋人なども含みますし、通販で購入した医薬品を転売することも当然NGです。自分が利用する分だけしか注文できないので気をつけましょう。

また、他にも購入できる限度が決められている、輸入を禁止されている医薬品は購入してはいけないなどのルールもあります。

ただ、個人輸入代行サイトでは輸入禁止の医薬品は取り扱っていませんし、サイト内には利用上の注意が記載されています。

さほど気をつけなければならない事はありませんが、念のために覚えておきましょう。

 

バルトレックス通販をお考えの方に

バルトレックスのパッケージ一度発症すると何度も繰り返す厄介なヘルペス。そんなときに通販で治療薬のバルトレックスを購入しておけば、速やかに対処できるようになります。

 

医薬品を通販で購入するのは心配、そんな方は病院でバルトレックスの服用方法をきちんと教えてもらった上で通販を利用すると良いでしょう。

また、利用する通販サイト選びで悩んでいるという方は、こちらの通販サイトをおすすめします。

こちらの通販サイトはとても見やすいですし、ネットが苦手な方のために電話での注文も可能です。

バルトレックス以外のヘルペス治療薬も多数取り扱っていますので、予算や症状に合わせて選ぶことができます。

バルトレックスの購入はこちら